詰碁に特化したデータ形式

日本棋院で、無料でDL できる Kiin Editor を使って、「碁ワールド」2015年1月号 トライアル50の中の死活第1問 を入力し、 SGF フォーマットでセーブしてみた。

20220629.jpg
ファイルの中身は
(;GM[1]SZ[19]CA[Shift_JIS]
PB[]BR[]
PW[]WR[]
DT[2022-06-28]
RE[]
KM[6.5]TM[]RU[Japanese]
PC[]
EV[]
GN[]
CP[]
AP[Kiin Editor 1.11]
AB[bo][co][bp][dp][ep][aq][eq][gq][cr][fr]
AW[cp][cq][dq][br][er][as][cs][es]
)

石の配置は AB から始まるところが黑、AW から始まるところが白となっている。

左上隅が [aa] 右下隅が[ss] となっていて、シンプルである。

人間が直接テキストデータを作るのは時間と手間が掛かりすぎるので Kiin Editor といったツールが必要となるのだった。

20220629-2.jpg
このように20題とかを入力するとファイルが沢山できるのは当然でファイルの管理が面倒なのだった。まず名前をつけてセーブするのが嫌になってくる。自動的にファイル名を付けてくれるモードもあるのだが、それでは後で収拾がつかない。

ということで考えたのが、

# [3B]g98636239 / [1A]93-88332

というデータ形式。主に テンキーを使って入力する。 

ロールプレイングゲームでテンキーを使って移動する方法を少し拡張した
一筆書きフォーマットなのだった。
 * が参照点とすると、こんな具合だ。

   --7 --h -h --8 -a --a --9
   --g  -7  h  -8  a  -9 --b
    -g   g  7    8  9   b  -b
   --4  -4  4   *  6  -6 --6
    -f    f   1    2  3   c  -c
   --f  -1   e  -2  d  -3 --c
   --1 --e -e --2 -d --d --3

abcdefgh が ケイマの位置 - が1間トビのイメージだ。

このデータ形式で、 Suiho の詰碁版を作るのが夢だが、はて。
スポンサーサイト



geometry

大学での試験問題が出てきた。

一体どんな解答を書いたのだったのだろう。

geometry19760219.jpg

米沢市に

6時に起きるハズだったが、寝坊し、結局10時のバスに乗り、米沢駅には12時。
そこから、上杉神社まで、のんびり歩く。
米沢ラーメンで、腹拵えをして、神社見物。神社見物後、次の見物はと観光案内を見てもめぼしいものを見つけられず、違った路を通って駅方面へ。
写真を撮っておきたい箇所もあったのだが、ガラケーのメモリーには余裕はないし、カメラをわすれるし、ということで、次の機会か。
おみやげに「米鶴」かと思ったが、無難な「樽平」にして、帰途。案の定、バスではすぐ眠りについてしまうのだった。
溜まっている雑用から離れるのも、まあ必要ということにしておこう。
次は、石橋市に行ってみようかな。


ブログのタイトル

開設してから、ずーっとブログのタイトルの綴りを間違っていた。なんとも、冴えないことだった。