佐藤さんのT-Base ファイルの整理報告 

先月中に整理が終わったスポーツ紙分(表紙・目次・索引付きのPDF)。 ちなみに、道新スポーツ(サンケイスポーツ[東京])は A4 で 700ページを越えるという大部だ。さすがに実際に印刷する(数千円かかる)元気はない。
蒐集数は、かなりあるのだが、掲載分の全てがあるわけではない。
公開して、抜けを補充するみたいな事ができればいいのだが。

スポーツ紙 蒐集数=94,292

JP番号 紙名 から   まで 蒐集数
00064943 道新スポーツ=サンケイスポーツ[東京] 1963(昭和38)年10月2日 2021(令和3)年7月25日 18,515
00060301 サンケイスポーツ[大阪] 1955(昭和30)年5月1日 1988(昭和63)年3月31日 11,878
00060548 デイリースポーツ 1954(昭和29)年3月13日 2019(令和元)年5月25日 15,783
00060549 デイリースポーツ[東京] 1973(昭和48)年10月2日 1991(昭和56)年2月6日 1,338
00061211 スポーツニッポン 1968(昭和43)年9月28日 2021(令和3)年7月24日 12,215
00062094 中日スポーツ 1957(昭和32)年1月7日 2019(令和元)年5月25日 12,367
00067360 報知新聞 1954(昭和29)年4月5日 2020(令和2)年2月20日 10,067
01007170 報知新聞[大阪] 1974(昭和49)年11月7日 1984(昭和59)年11月23日 1,112
00061067 東京スポーツ 1971(昭和46)年5月27日 2005(平成17)年6月24日 5,096
00063757 日刊スポーツ 1953(昭和28)年9月16日 2010(平成22)年3月31日 5.530
00063766 日刊スポーツ[大阪] 1952(昭和27)年11月21日 1985(昭和60)年1月26日 3,794
00063766 日刊スポーツ[懸賞] 1961(昭和36)年18月1日 1979(昭和54)年1月3日 740
00061086 東京中日スポーツ 1960(昭和35)年1月9日 2003(平成22)年2月14日 1,381
スポンサーサイト



LaTeX の 補足 続

縦書きの tarticle を使うと、 Tikz でエラーが出るので以下のようなパッケージを読みこみ回避するようだ。

\documentclass[dvipdfmx]{tarticle}
\usepackage{tikz}
\usepackage{otf}
\usepackage{pxbase}
\usepackage[bxutf8x]{inputenc}
\usepackage{pxeveryshi}

また、縦書きモードでは TikZ では参照点もずれる。で、その部分を 横書きモードにする。
\mbox{\yoko .....}  だ。

\mbox{\yoko
\begin{図面}
\後手{1}{1}{香}
\後手{2}{1}{桂}
\後手最終{2}{2}{玉}
\後手{1}{4}{歩}
\先手{3}{4}{銀}
\先手{6}{4}{杏}
\後手{5}{4}{全}
\持駒{金銀}
\後手持駒{残り全部}
\end{図面}
}




LaTeX の 補足

一応、風さんのソースの TikZ による書き換えは終わった。風さんの連載は、あと暫く LaTeX 以外の事柄になるようだ。

で、もう少し改良して終わりにしてしまおう。それは、将棋世界擬の図面を作成してみることだ。まず、盤の大きさや文字の大きさは、以下の通りとした。

 盤の大きさ (4.32cm,4.68cm)   マスの大きさ (0.48cm,0.52cm)
 外枠太さ 04mm 
 駒  \Large=14.4pt   (1pt = 1/72.27 inch= 0.3514mm)
「持駒」 \small=9pt  
  座標  \footnotesize=8pt  

盤の外枠は、 rectangle を使うと四隅も具合がいい。
\draw [line width=0.4mm]  (0.49,0.49)  rectangle (9.51,9.51);

持駒の縦書き表示も以下の通り  
\draw (-1,9) node [anchor=south] {\hbox{\tate 持駒 #1}};

最終指手をゴシックにするには
 \draw (#1,#2) node [rotate=180]{\textgt{#3}};

小駒の成ったのを、カナで表すのは scalebox を使って縮小
\draw (#1+0.23,#2-0.26) node {\scalebox{0.5}{ナ}};
\draw (#1-0.23,#2-0.26) node {\scalebox{0.5}{リ}};
\draw (#1,#2+0.22) node {\scalebox{1}[0.65]{#3}};

☗☖を表示するには パッケージを読み込んでおく
\usepackage{pxbase}
\usepackage[bxutf8]{inputenc}

環境を作ってフォントの変更にスコープをかけ、
また、作成する大きさも固定しておく。
\useasboundingbox (-1,-1) rectangle (11,10);

このほかにも改良したい点はあるが、まあ、それは TeX の理解が進んでからの話だ。

20210912.png
\documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{tikz}
\usepackage{otf}
\usepackage{pxbase}
\usepackage[bxutf8]{inputenc}

%  将棋世界 出題図
%  盤の大きさ (4.32cm,4.68cm)   マスの大きさ (0.48cm,0.52cm)
%  外枠太さ 04mm 
%  駒  \Large=14.4pt   (1pt = 1/72.27 inch= 0.3514mm)
%  「持駒」 \small=9pt  
%  座標  \footnotesize=8pt  
\newenvironment{図面}{%
\begin{tikzpicture}[x=-4.8mm,y=-5.2mm]
\useasboundingbox (-1,-1) rectangle (11,10);
\foreach \x in {0.5,1.5,...,9.5}  \draw (\x,0.5)--(\x,9.5);
\foreach \y in {0.5,1.5,...,9.5}  \draw (0.5,\y)--(9.5,\y);
\draw [line width=0.4mm]  (0.49,0.49)  rectangle (9.51,9.51);
\footnotesize
\draw 
(1,0.2) node {1} (2,0.2) node {2} (3,0.2) node {3}
(4,0.2) node {4} (5,0.2) node {5} (6,0.2) node {6}
(7,0.2) node {7}  (8,0.2) node {8} (9,0.2) node {9};
\draw 
(0.1,1) node {一} (0.1,2) node {二} (0.1,3) node {三}
(0.1,4) node {四} (0.1,5) node {五} (0.1,6) node {六}
(0.1,7) node {七} (0.1,8) node {八} (0.1,9) node {九};
\Large
}{%
\end{tikzpicture}
} % end of \図面

\newcommand\先手[3]{%
\draw (#1,#2) node {#3};
}%end of \先手

\newcommand\先手最終[3]{%
\draw (#1,#2) node {\textgt{#3}};
}%end of \先手最終

\newcommand\先手ナリ[3]{%
\draw (#1+0.23,#2-0.26) node {\scalebox{0.5}{ナ}};
\draw (#1-0.23,#2-0.26) node {\scalebox{0.5}{リ}};
\draw (#1,#2+0.22) node {\scalebox{1}[0.65]{#3}};
}%end of \先手ナリ

\newcommand{\後手}[3]{%
\draw (#1,#2) node [rotate=180]{#3};
}%end of \後手

\newcommand{\後手最終}[3]{%
\draw (#1,#2) node [rotate=180]{\textgt{#3}};
}%end of \後手最終

\newcommand\後手ナリ[3]{%
\draw (#1-0.23,#2+0.26) node  [rotate=180]{\scalebox{0.5}{ナ}};
\draw (#1+0.23,#2+0.26) node  [rotate=180]{\scalebox{0.5}{リ}};
\draw (#1,#2-0.22) node [rotate=180] {\scalebox{1}[0.65]{#3}};
}%end of \後手ナリ

\newcommand\持駒[1]{%
\small
\draw (-1,9) node [anchor=south] {\hbox{\tate 持駒 #1}};
}%end of \持駒

\newcommand\持駒総[1]{%
\small
\draw (-1,9.8) node [anchor=south] {\hbox{\tate #1}};
}%end of \持駒総

\newcommand\後手持駒[1]{%
\small
\draw (10.2,1) node [rotate=180,anchor=south] {\hbox{\tate 持駒 #1}};
}%end of \後手持駒

\newcommand\後手持駒総[1]{%
\small
\draw (10.2,0.2) node [rotate=180,anchor=south] {\hbox{\tate #1}};
}%end of \後手持駒総

\begin{document}
\Huge
将棋世界擬

\begin{図面}
\後手{1}{1}{香}
\後手{2}{1}{桂}
\後手最終{2}{2}{玉}
\後手{1}{4}{歩}
\先手{3}{4}{銀}
\先手{6}{4}{杏}
\後手{5}{4}{全}
\持駒{金銀}
\後手持駒{残り全部}
\end{図面}
\begin{図面}
\後手{1}{1}{香}
\後手{2}{1}{桂}
\後手{2}{2}{玉}
\後手{1}{4}{歩}
\先手最終{3}{4}{銀}
\先手ナリ{6}{4}{香}
\後手ナリ{5}{4}{銀}
\持駒総{☗先手 持駒 金銀}
\後手持駒総{☖後手 持駒 残り全部}
\end{図面}

将棋世界擬
\end{document}

※2021-10-16 追加 
Cloud Tex でも表示はされた。
20211016-tex.png


風さんの LaTeX 講座も佳境 続続続

さて、昨日のソースでは、座標変換が必要となるのだったが、もともと、将棋の座標を使えばいい様にしておけば座標変換は必要なくなるしすっきりする。座標の方向合せはTikZ では簡単で以下のようになる。[x=-6mm,y=-6mm] と符号をマイナスにするだけ。なんとも便利な世の中にはなったものだ。

\documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{tikz}
\usepackage{otf}

\newcommand{\図面始}{%
\begin{tikzpicture}[x=-6mm,y=-6mm]
\foreach \x in {0.5,1.5,...,9.5}  \draw (\x,0.5)--(\x,9.5);
\foreach \y in {0.5,1.5,...,9.5}  \draw (0.5,\y)--(9.5,\y);
\foreach \x in {3.5,6.5}  
  \foreach \y in {3.5,6.5} 
       \filldraw  (\x,\y) circle [radius=0.5mm] ;  
\draw 
(1,0) node {1} (2,0) node {2} (3,0) node {3}
(4,0) node {4} (5,0) node {5} (6,0) node {6}
(7,0)  node {7}  (8,0)  node {8} (9,0) node {9}
(0,1) node {一} (0,2) node {二} (0,3) node {三}
(0,4) node {四} (0,5) node {五} (0,6) node {六}
(0,7)  node {七}  (0,8)  node {八} (0,9) node {九};
}% end of \図面始

\newcommand{\図面終}[1]{%
\draw 
 (8.5,10) node {持}  (7.5,10) node {駒}
 (6,10) node [anchor=west]{{\large#1}};
\end{tikzpicture}
}% end of \図面終

\newcommand\先手[3]{%
\draw (#1,#2) node {{\large#3}};
}%end of \先手

\newcommand{\後手}[3]{%
\draw (#1,#2) node [rotate=180]{{\large#3}};
}%end of \後手
\begin{document} \図面始 \後手{5}{1}{玉} \先手{5}{3}{歩} \図面終{金} \図面始 \後手{1}{1}{香} \後手{2}{1}{桂} \後手{2}{2}{玉} \後手{1}{4}{歩} \先手{3}{4}{銀} \図面終{金 銀} \end{document}

風さんの LaTeX 講座も佳境 続続

風さんの LaTeX 講座 の、ソースコードを眺めていたら、やはり古めかしい。慣れている事柄を変えるのはムズなのはわかるのだが。
そこで、勝手に風さんのソースを TikZ で書き換えてみた。風さんのソースは「整数」の世界だがTikZでは「小数」の世界に拡張され、調整も細かなことが可能になる。 例えば、 y=3mm のところを y=3.3mm とすると、ちょっと縦長の盤も可能。横座標の位置も 23 を 22.5 位にすれば、盤端に寄ってくる。なによりも ソースコードがシンプル、特に座標変換も、変数を作らなくてよく、数式のイメージで計算してくれる。なにも指定しなければ、文字中心が参照点となっているので\makebox(0,0) が必要ない。

\documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}
\usepackage{tikz}
\usepackage{otf}

\newcommand{\図面始}{%
\begin{tikzpicture}[x=3mm,y=3mm]
\foreach \x in {1,3,...,19}  \draw (\x,4)--(\x,22);
\foreach \y in {4,6,...,22}  \draw (1,\y)--(19,\y);
\foreach \x in {7,13}  
  \foreach \y in {10,16} 
       \filldraw  (\x,\y) circle [radius=0.5mm] ;  
\draw 
(18,23) node {1} (16,23) node {2} (14,23) node {3}
(12,23) node {4} (10,23) node {5} (8,23) node {6}
(6,23)  node {7}  (4,23)  node {8} (2,23) node {9}
(20,21) node {一} (20,19) node {二} (20,17) node {三}
(20,15) node {四} (20,13) node {五} (20,11) node {六}
(20,9)  node {七}  (20,7)  node {八} (20,5) node {九};
}% end of \図面始

\newcommand{\図面終}[1]{%
\draw 
 (3,2) node {持}  (5,2) node {駒}
 (7,2) node [anchor=west]{{\large#1}};
\end{tikzpicture}
}% end of \図面終

\newcommand\先手[3]{%
\draw (20-2*#1,23-2*#2) node {{\large#3}};
}%end of \先手

\newcommand{\後手}[3]{%
\draw (20-2*#1,23-2*#2) node [rotate=180]{{\large#3}};
}%end of \後手

\begin{document}
\図面始
\後手{5}{1}{玉}
\先手{5}{3}{歩}
\図面終{金}

\図面始
\後手{1}{1}{香}
\後手{2}{1}{桂}
\後手{2}{2}{玉}
\後手{1}{4}{歩}
\先手{3}{4}{銀}
\図面終{金 銀}
\end{document}