4冊 買った。

もう、詰将棋本に課金しないと思っていたのだったが、4冊 買った。 内容はまだ見ていない、というか、多分積読になるのだろう。詰将棋を解かないと、解説は読まないようにしているので、読みきってない本は、パラをはじめ、山のようだ。

昔の16ページ毎に糸でかがっているタイプの本だったらノドの奥まで開くのだが、今どきは無線綴じなので開かない。どの本もページ数があるため、湾曲した活字を読まなくてならなくなるのが難だ。






 

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント