將棋世界 1946-06 再刊第一號

yahoo オークションなどでは、将棋世界の古いものは、一冊数千円で出品されている。

興味があるのは詰将棋が載っているページだけなので、そこだけの紹介。

将棋世界194606-00

将棋世界194606-29

ジュティム の紹介 (続)

目のいい人は、 KI2 タブがあることに気がついただろう。ファイルを読み込んだ後に開いてみれば、

jt041.png

のようになっていて、番号の欄で、見たいと思った所をクリックすれば、

jt05.png

柿木将棋が起動し、盤面も表示されるのだった。クリップボード経由なので、ファイル作成の手間はない。

柿木将棋は最新版のバージョン 9 を想定しているが、違う場合には、 jetaime.exe と同じフォルダ内の jetaime.ini の次の一行を修正することになる。

[KI2]
exe=C:\Program Files (x86)\Kakinoki\KShogi9\KShogi9.exe

ブラウザから柿木将棋を起動する方法もあるらしいのだが、最近はセキュリティの関係で面倒。また、ブラウザ上で詰手順を逐次進めて鑑賞する方法はあるのだが、日頃馴染んでいる柿木将棋でするのがいいだろう、実装するのが面倒なのが、本音だ。

さて、通常の使い方は、これだけなのだが、 ジュティムの「弐号機」には以下の機能もある。window の右側を大きくすると、、

jt06.png

「KI2変換詳細」のボタンがあり、それをクリックすると、、
jt07.png

読み込んだファイル内の詰将棋を一挙に、 KI2 タイプの柿木将棋ファイルとすることが出来るのだった。


ジュティム の紹介

Suiho は、詰将棋図面印刷用の Program だった。画面で印刷イメージのプレビューできるので、最近は印刷はしないで画面で見るのが普通になってしまった。印刷イメージなので、A4判縦長の場合などは、倍率やスクロールバーで位置決めやページ指定などなど目的の図面になかなかたどり着けない。
そこで、画面表示が簡便にできるProgram を作るということになりそうなのだが、発想を変えて、いつも使っている html ブラウザ で表示できるようにすれば良いと考えたのだった。

ジュティムを起動して、ファイルを読み込めば、いつも使用しているブラウザに詰将棋の図面が表示される。jt01.png

ブラウザは、SVG や CSS の新しいものに対応している chrome や edge などでないと、表示がおかしくなるかもしれない。

スクロールしていって、手順が見たい時には、番号をクリックする。

jt02.png

元に戻りたいときは、図面一覧へ をクリックすればよい。

jt03.png

Suiho に関しては、suiho マニュアル を参照されたい。

ブラウザでの図面表示を見たいときは、hirotsumeshogi さんの 詰将棋の欠片 の 塚田賞作品の魅力 より解説文を転載した、ジュティム見本 をどーぞ。





門脇さんの TBASE のソースコード (続)

門脇さんの TBASE のソースコードについて、A川さんから、連絡があり、I田さんがお持ちになっていて送ってくださっています。とのことで転送してもらいました。

TBASE のProgram の刷新なんかは考えてなく

 同一作高速検索,配置駒位置検索,81格比較検索,平行移動作検索,シルエット検索

のアルゴリズムを解析して、柿木ファイル、または Suiho ファイルでの実装が出来ればいいかなーと思っています。うまくいけばいいのですが。 

こちらのソースは、行番号もなくスッキリした感じです。

' File Name = "WRUIJI7.BAS"
'******************************************
'*
'*   同一作品を検索する試験プログラム
'*
'*
'*                     門脇芳雄 作
'*
'******************************************
' *ZUMEN_KAKU~*問題表示 両方使われている要check
#include "WINDOWS.BI"
#include "FILE.BI"
'CHDIR,CRDIR,DCLOSE,DOPEN,DRIVE,EBUF,FINF$,GETFIN,MKDIR,RMDIR,SETFILE,SETDIR

'-------------
*INITIALIZE
'-------------
on ERROR goto *ERROR_SHORI
def fnX(X)=355-32*X: def fnY(Y)=35*Y
def fnU(X)=(386-X/FX)\32:def fnV(Y)=Y/FY\35
def fnS$(I)=mid$(str$(I),2)
def fnT$(A$)=X$(val(left$(A$,1)))+Y$(val(mid$(A$,2,1)))+mid$(A$,3)
def fnJ=NS*20+JJ
def fnI=val(mid$(CODE1$+CODE2$,C1,4))
def fnN$=mid$(CODE1$+CODE2$,C2,len(検索式$)-3)
def fnK=val(mid$(CODE1$+CODE2$,C3,L3))


門脇さんの TBASE のソースコード

1995年頃、門脇さんから頂いた、T-BASE 関係のフロッピーの中に、ソースコードが含まれていた。

PC9801 シリーズのフォーマットされているので、読み込むハードが揃うのに時間がかかったが、ようやく中身を読むことができるようになった。前にA川さんに伺ったら、ソースコードは継承していないとのことだったので、もしかして、ほかには残っていないのかな。

最終版ではないものの、検索方法を同じアルゴリズムで実装するヒントには、なりそうだ。シルエット検索などは、ざっと見て、なさそうだ。

0 ' File Name = "RUIJI3.BAS"
20 '******************************************
30 '*
40 '*   同一作品を検索する試験プログラム
50 '*
60 '*
70 '*                     門脇芳雄 作
80 '*
90 '******************************************
100 REM $FILE 3,330
110 'main
120  GOSUB *INITIALIZE
130  GOSUB *KENSAKU.FILE
140  GOSUB *BAN.KAKU
150  GOSUB *SHOUKAIZU.INPUT
160  GOSUB *KENSAKU
170  GOSUB *COMMENT.2
180    IF INSTR("Nn",P$)>0 OR SS=0 THEN 220
190  SCREEN 3,0,0,1
200  GOSUB *KENSAKUZU.HYOUJI
210  GOSUB *BAN.KAKU
220  GOSUB *COMMENT.3
230  GOSUB *COMMENT.KESU
240    IF INSTR("12",P$)>0 THEN AGAIN=1 ELSE AGAIN=2
250    IF P$="1" THEN 160
260    IF P$="2" THEN GOSUB *MOUSE.HENSHUU : GOSUB *MAKE.CODE : GOTO 160
270    IF P$="3" THEN GOSUB *BANMEN.KESU   : GOTO 150
280    IF P$="4" THEN *SHUURYOU